熊本地震で、大変な被害が出ています。


なんとかしてあげたい❗️と思って、ニュースを食い入るように見て、ネットの情報を追っかけたりします。

5年前の東日本大震災のときも、そうでした。

建築士でもありますし、倒壊した建築物に心を痛め、人間が築き上げて来たすべてのものを流してしまう津波の映像に絶句し、ひたすらニュースにクギ付けでした。

それから1週間ぐらいして、気分がどーんと落ち込み、力が出なくなりました。

私自身については、震災で、何も倒壊したり、破損したりしてないのに、疲れちゃったんですね。

本末転倒ですね。それでは、被災した地域を助けるどころではありません。

メンター・ジェームスも言うように、

『良いことは当事者意識で、悪いことは非当事者意識』で❗️自分のことでさえも❗️

彼は、東日本大震災の時は、帰宅困難の見ず知らずの方々を自宅に泊めて、たくさんもてなしたそうです。でも、ニュースはあまり見ないといいます。私たちにも、見るなといいます。社会貢献もたくさんしている彼ですが。

見ないで、自分の仕事を淡々とやる。できることを淡々とやる。
『良いことは当事者意識で、悪いことは非当事者意識』で✨

やっぱりニュースは見ちゃいますが、悪いニュースに自分が引きずられないよう、心に留めています🌟
最後に、東日本大震災のときに被災地にいた、マツダミヒロさんの記事をシェアします。
。。。。。。。。。。。。。。

ぼくが思っていることは

「心配をすること」と
「悲観的に生きる」ことは違います。
全国の人が、
心配をするからといって悲観的に生きることはありません。

自粛することもなくていいとおもいます。

大事なのは
「いつもの様に日々を精一杯生き抜くこと」

東北大震災の時に、
被災地にいたぼくは、

全国で元気に活動している仲間や友人の姿を見た時が嬉しかったです。

心配されて、何もできません。という方の姿よりも。
だからこそ、
ぼく自身は

世界で何が起きていようとも、
「毎日、後悔ないように、精一杯生きること」を大切にしています。

これは
人から見ると

「淡々と生きている」ように見えますが

コツコツと

淡々と

目の前のことを精一杯取り組むことが大事だと思います。

。。。。。。。。。。。。。。

同意❗️👍🏻✨

広告